内臓が弱っていて匂いが臭くなる事もある

汗をかきやすかったり時間が経ってくると、脇の臭いが気になったりしますよね。内臓が弱っていて匂いが臭くなる事もあるそうですよ。疲れが溜まっている時にも、強いにおいを発する事もあります。対処法としては、汗をこまめに拭いて、制汗剤などで抑える方法があります。スプレータイプでも、今は持続性が高く密着度も高い制汗剤も多いので、使う事をオススメします。朝、アルコール等で脇を綺麗に拭いて、制汗剤を付けます。それでも匂いが気になる場合は、時間ごとに制汗剤を付け直すと、制汗剤の効果がより高まります。通常のスプレー制汗剤に効果を感じない方は、銀イオン配合のスプレー制汗剤を使ってみると良いでしょう。

 

脇の臭いや足もにおいます。どのように対応すればいいですか。
脇の臭いも足の臭いも、ジメジメさからくる要因が大きいと言えます。汗をかきやすい方は、脇も足も臭う傾向があります。脇は清潔にし、デオドラント剤で汗や匂いを抑える事が良いでしょう。脇をあまり締めず、少し開け気味にすると通気されるので、脇の臭いが軽減されますよ。足の臭さは、靴を履いた時にかく汗による湿気が原因です。通気や乾燥をしてあげると、靴が臭くならなくなるので、足も匂わなくなります。履いていない時の靴に湿気剤を入れてあげると、靴の湿気が軽くなります。湿気が無くなったら、消臭剤をかけてあげて、靴の嫌な臭いを防ぎましょう。足の臭いは靴から来ることが多いので、まずは靴の中をケアしてみましょう。